医療法人 鶴泉会 牟田産婦人科

医療法人 鶴泉会 牟田産婦人科

HOME > 治療方針


治療方針について

医療法人 鶴泉会 牟田産婦人科

当院は、現在地に診療所を開きまして70年余り、私が勤務医を辞めてこの診療所に帰って参りましてから、14年になりました。
この14年間、患者さんに選ばれる医療機関になるために頑張って参りましたが、はたして皆様にはどのようにご評価頂いておりますでしょうか。
入院の皆様に少しでも快適に過ごしていただけるよう、病室の改良や、食事の改善にも取り組みました。分娩後の褥婦さんの食事については、母乳の分泌が良くなるよう、食材や味付けを工夫してご用意しています。
また、分娩後の退院前には、ささやかながら「お祝いの膳」をご用意させて頂きます。
以前よりご要望が多かった母親学級も「ひまわり」という名前で始めました。
母親学級というより両親あるいは家族学級というような、ご主人あるいはご両親など皆さんで参加して頂けるような集まりにしています。
ぜひ参加して頂きたいと思っています。
私は、「質の高い医療」とは、患者さんの安全を十分に確保した上で成り立つものだと考えています。
とはいえ、個人の価値観には多様性があり、こちらから「これがいいんだ」という押し付けはできません。
患者さん個々に対応した医療を提供することが重要だと思います。
そのためには、十分にお話をして、納得していただく、というインフォームドコンセントを大切にし、患者さんと医師との関係をよりよいものにしていくことが必要です。
そのために、外来診療ではお一人お一人に時間をかけて説明することもありますので、場合によっては少々お待ち頂くことがあるかもしれませんが、何卒ご容赦ください。
当院は長崎市の繁華街である浜の町に隣接しており、おいでになるには便利な場所にあります。当院付属の駐車場はございませんが、ご来院の方には隣接の「山一パーキング」のチケットを差し上げておりますので、駐車券を受付にご提示ください。
患者さんお一人お一人にご満足のいく医療を提供するために、スタッフ一同努力して参りますので、どうぞよろしくお願いします。

医療法人 鶴泉会 牟田産婦人科
院長 牟 田 邦 夫


理事長・院長紹介

理事長:医学博士 牟田 郁夫

医療法人 鶴泉会 牟田産婦人科

日本産科婦人科学会専門医 母体保護法指定医師
昭和35年長崎大学医学部卒業
昭和39年長崎大学大学院医学研究科修了医学博士授与
長崎大学病院、五島中央病院、広島県尾道市民病院、長崎原爆病院等に勤務後、昭和46年、長崎市万屋町5-17にあった、医療法人鶴泉会牟田病院院長に就任
昭和50年、病院を現在地(長崎市万屋町6-32)に新築移転
平成12年、名称を医療法人鶴泉会牟田産婦人科に改称


院長:医学博士 牟田 邦夫

医療法人 鶴泉会 牟田産婦人科

日本産婦人科学会専門医 母体保護法指定医師
平成元年長崎大学医学部卒業
長崎大学病院で産婦人科及び麻酔科の研修後、国立病院長崎医療センター未熟児室においてレジデントとして勤務
その後、長崎原爆病院、五島中央病院、国立嬉野病院、健康保険諫早総合病院等で産婦人科診療および研究に従事
平成13年長崎大学大学院医学研究科修了医学博士授与
平成14年4月より1年間、北九州市立八幡病院産婦人科主任部長
平成15年4月より長崎市立市民病院産婦人科医長
平成16年7月1日付で、医療法人鶴泉会牟田産婦人科副院長

医療法人 鶴泉会 牟田産婦人科
医療法人 鶴泉会 牟田産婦人科

医療法人 鶴泉会
牟田産婦人科

長崎市万屋町6番32号(エノキズ通り)
TEL:095-823-7148
【夜間緊急連絡先】
TEL:095-823-7148